インターネットビジネスで夢をかなえよう!

性別年齢不問!株式会社ライブ(花田誉之章)の金活プロジェクトprojectの評判

収益化するためにブログは何文字書くべきか

time 2020/03/19

ブログで収入を得たいと思う時、文字数を意識する人が多いと言われています。それならば、文字数が多くなければ収益は得られないのでしょうか。それとも文字数は少なくても良いのでしょうか。ここでは収益化を狙うとき、どの程度の文字数にすれば良いのかという事について紹介していきます。

1.長ければ良いわけではない
結論からいうと、長ければ良いというわけではありません。例えば、ブログの読者が求めている情報をただ長々と説明しても意味はありません。必要以上に文字数を増やし、3000字、5000字、としたところでそれでは読者は離れてしまいます。そのため、長ければ良いというわけでは無いのです。
それよりも、短く簡潔にまとめた方が良いでしょう。短く簡潔にまとめるというのは意外に難しく、文章をつい長く書いてしまうという人は特に注意が必要です。3000字で長ったらしいブログを書くより、1500字で簡潔に書いたほうが読者にとっては読みやすいのではないでしょうか。

2. 1000文字はあったほうがよい
人によって考え方は異なりますが、1000文字はあった方が良いといえます。確かに、600字などでブログを書いていく人もいますし、実際にそれで収益化ができている人も存在します。しかし、あまりにも文字数が少ないとそのブログでの滞在時間が短くなってしまい、Googleから認知されないことがあります。
Googleが検索順位をつけるとき、その読者がどのくらいの時間そのブログ記事に滞在しているかという事は非常に重要です。その一方で、もしも文字数が少なく滞在時間が短くなってしまえば、それは評価が下がってしまう可能性があります。もちろん、長ければ良いというわけではありませんが、滞在時間があまりにも短すぎるという場合、検索してもらってもそのブログが上位に上がることがなくなります。
そのため、最低でも1000文字はあった方が良いでしょう。たまに600字のブログ等があっても問題ありませんが、基本的には1000文字はあった方がそれなりに滞在時間を維持してもらえます。

文字数は意識する必要がありません。10,000文字のブログは確かにいろいろ有益な情報が入っていそうですが、長すぎて嫌になってしまう人もいるでしょう。しかしその一方で、6000人ほどで溶液の情報がたくさんつまり、読みやすくまとめられているブログも存在します。長すぎれば良いというわけでもありませんし、短ければ良いというわけでもありません。
しかし、それなりに滞在時間を確保することも大切ですので、短すぎない方が良いでしょう。最低限1000文字はあったほうが安心です。

down

コメントする