インターネットビジネスで夢をかなえよう!

性別年齢不問!株式会社ライブ(花田誉之章)の金活プロジェクトprojectの評判

仮想通貨はデイトレ向けと言われる理由

time 2020/11/25

デイトレードには、色々なメリットがあります。短期的に売買していけば、リスクを低く抑えることも可能です。とりわけ仮想通貨は、デイトレ向けであると言われています。手数料は比較的低めである上に、数字も頻繁に動くからです。

当日中に決済するデイトレという手法

デイトレの取引は、保有したポジションを当日中に決済するのが基本です。翌日までポジションを持ち越すのではなく、あくまでも当日中にノーポジションにする訳です。
そもそも1つのポジションを長く保有し続けていると、含み損が発生してしまう事もあります。一旦含み損が発生すると、色々厄介なことになります。決済するタイミングを見計らうのも難しく、長期売買は意外と難しい一面があります。
しかし上記のようなデイトレのスタイルであれば、当日中に決済してしまう事により、含み損が拡大してしまうのを防ぐことも可能です。

仮想通貨は手数料が低め

ところでデイトレで取引する場合は、取引手数料も軽視できません。基本的には何回も売買を繰り返す形になりますから、どうしても取引頻度が多くなるからです。
回数が増えてくると、取引手数料の合計額もかなり大きくなります。1回あたりの手数料が100円でも、100回に渡って取引すれば合計1万円になってしまうでしょう。300回なら、もちろん3万円になります。数十円ほど手数料が低くなるだけでも、かなりコストを節約できる訳です。
その点仮想通貨は、全体的に手数料は低めになっています。格安な手数料を採用している取引所も多いですが、中には手数料が無料になる取引所もあります。売買のコストを低く抑えたいなら、株よりは仮想通貨の方がおすすめという声も根強いです。

レートが頻繁に動いてくれる仮想通貨

仮想通貨は、変動性に関するメリットもあります。
外貨商品などで取引している方は、たまに変動性に関する悩みを抱えている事があります。というのも米ドルなどの外貨は、必ずしも頻繁にレートが変動してくれる訳ではありません。昼間の時間帯などは、米ドルはあまり大きく動いてくれませんから、利益が生じづらくなる傾向があります。
その点仮想通貨は、比較的よく動きます。状況次第ではありますが、外貨よりも比較的頻繁に動いてくれますから、仮想通貨の方が稼ぎやすい一面もあります。
ただ頻繁に動く以上、リスクも若干高めにはなります。しかし取引するチャンスも多いですし、FXなどの外貨商品よりは、仮想通貨の方がデイトレ取引しやすい一面もあります。

down

コメントする